6,7Mbpsだろうが20Mbpsだろうが通信速度の違いが分かるなんてことはない

12600267

新しく登場したWiMAX2+のプランの一つであるギガ放題では、使い放題と謳っていますがそれは果たして真実なのでしょうか?結論から言うと、本当です。

しかし条件付きでですが。
どんな条件かというと通信速度が遅くなる、ということです。
WiMAX2+には直近3日間のデータ通信容量が3GBを超えると、翌日にかけて1日の間通信速度が実測で6Mbpsにと遅くなります。

これを一般的には速度制限と呼んでいますね。
この状態で更に使い続けると通信速度が制限されている間も通信の利用量は増大していくので翌日も速度制限に引っ掛かり速度は4~7Mbpsほどになってしまいます。
そうして速度制限された状態でずっと動画を見たり何なりでいつも直前の3日間を見ると3GB超えている状態になりいつもスピードが6Mbpsほどになるというわけです。
しかし、こうなってしまってもスピードは6Mbps前後になりますが、速度が制限された状態ならばどれだけ使い続けてもとくに何か罰則があるわけではありません。

なので使い放題というのは本当なのです。
でもやっぱり速度制限されていしまうのは嫌だなあという気分になってしまうのは致し方無いです。

一般的に考えるとそうですが、4~7Mbpsしか出なくてもYouTubeなどのHD画質動画は読み込み待ち無くすぐに見られますし、別にネット利用に不自由はしません。
体感も6,7Mbpsだろうが20Mbpsだろうが違いが分かるなんてことはないです。
なのでこのプランを無制限に利用したいという人は制限状態で使い放題というふうに頭に入れておきましょう。
有線の光のほうがいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、家でも外でもWiMAX2+は使えるため自由が効きやすいこともあり難しいところですね。

コメントを残す