通信速度の勘違いについて

13947718

回線速度はどれくらいからなら動画が見れるのでしょうか?
おそらく皆さんは10Mbps以上じゃないとダメだと想像しているんじゃないですか?
それは違います。

無線通信と有線のネットではある程度差はありますが、おおまかに見て4Mbps出ていればYouTubeなどの動画サイトの動画は視聴することができるのです。

意外ですよね。
近頃はタブレットでも動画を再生することができるようになっています。

それはソフトバンクやauの無線回線がとても速いからだと考えているのではないでしょうか。
ことのほかそうでもなくて、9Mbpsくらいならいつでも出ていますが、これ以上になるとずっと速いというわけでは無いのです。
そんなんでもYouTubeなどの動画サイトの動画は見れるのです。

ストリーミング再生できるのでもちろんテキストや画像のウェブサイトはサクサクです。
であるからして、あまり速度については考えずにネットをするのがストレスもなくて良いのです。
今日び回線を持っている会社が回線の速さを競って、宣伝には光ファイバーなら2Gbpsと書いてあったり、無線回線なら220Mbpsと表記されています。
だけど、両方理論上の話で普通はこの10分の1くらいしか速度が出ませんし、そういう風に表記された値の差が使う上で大きな差になることはありえません。
スピードにだけ気を取られて高いサービスを購入してしまわないように冷静になりましょう。

自分はどういう利用をするのかを考えて、より少ない月額で自分のしたことが全てできるサービスを探求しましょう。

コメントを残す