atokの変換

9971937パソコン等で日本語を入力する際に重要となって現れる機能といえば、変換ではないでしょうか。
ローマ字入力も、かな入力も、基本的にパソコンや携帯電話で文字を入力した場合、日本語入力においては「ひらがな」で出力受けるのが一般的です。
ですが、メールを打つも、ブログやツイッターを書くも、勿論仕事で使用する書類も、ひらがなだけでは成立しません。
日本語には、ひらがなの他にもカタカナや漢字があります。
これらを使い分けることから、日本語は世界の各言語の中けれども屈指のハードルといわれているくらいです。
パソコン等で日本語の文字を入力する際、まんべんなく入力の設定を変えているようでは文章を打つのに相当時間が掛かってしまいますね。
そこで重要となって来るのが、変換機能です。
打った文字を漢字やカタカナにスムーズに変換することができれば、文章を書くスピードは格段に上がります。
そのスムーズという点において重要となって生じるのは、変換した際に自分が思っている単語がどれくらいの順番で伸びるかという点です。
日本語には、数多くの同音異義語があります。
例えば、「きょう」という単語を打ち変換すると、「今日」「強」「京」「郷」など、数多くの漢字が出てきます。
そのため、この中からひとつの単語を掘りおこすのは、とっても時間が要するように思えます。
ですが、本当にatokの変換機能を通じていると、そうでもないことがわかります。
これは、atokが文脈から規則正しいと思われる候補を絞り込み、前の方に表示しているからです。
このatokの変換機能は、他の日本語入力システムよりも優れているという評価を得ています。

atokの入力

文章を入力して行く中で、ストレスなくスムーズに進行して出向く鍵となるのは、入力の際の機能です。
変換をはじめ、文字を打つという自分の能力以外の部分で、どれだけ滞りなく行えるかという点が、大きな問題となります。
その点において、atokは非常に際立つ日本語入力ソフトといえるでしょう。
atokの特徴のひとつに、「入力先回り表示」というものがあります。
これは、すでに何度か入力したことがある文章に対して、最初の数文字を入力した時点で候補として表示されるという機能です。
例えば、普段から「よろしくお願い致します」という文章をよく使っているユーザーがいるとください。
このユーザーが、一太郎などのワープロソフトを使用している際、「宜しく」と入力したら、その時点で「よろしくお願い致します」という変換候補が現れます。
そこでエンターキー、若しくは左クリックを押すと、その時点で「さながらお願い致します」という文章が入力され、全部の文字を打たなくても入力が可能となります。
これは、携帯電話を普段から使っている人にはおなじみの機能ですね。
atokのこの先回り入力は非常に精度が激しく、またTabキーを圧すことでどんどん候補が表示されるなど、使い勝手も非常に喜ばしい機能となっています。
また、これだけではなく、日つきの入力や日常会話に使用する話し言葉、あるいは方言といった言葉に関しても、入力し易いようになっています。
日付に関しては、「きょう(今日)」と入力しただけで、その日の日付が変換の候補に現れます。
方言等も、前もってプログラミングされています。

atokのおまかせキーワードチャージャー

入力に関する便利機能は、atokの大きな特徴のひとつです。
他の日本語入力システムと比べて質の高いサービスであるという評価を得ており、それがひとつのステータスとなっています。
そんな便利機能の中のひとつが、「おまかせキーワードチャージャー」です。
「おまかせキーワードチャージャー」というのは、RSSによる自動学習機能です。
atokを使用しているパソコンでこの機能を使い、自分が関心を持ち歩いているホームページやブログを登録します。
すると、そのホームページ等で使われているさまざまな専門用語、単語を自動で登録し、それが変換した際の候補ワードに加わるのです。
例えば、薬学に関する論文をパソコンで作りたい大学生がいるとください。
その大学生は、論文を書くにあたり、できれば手っ取り早く入力出来るシステムを早めに構築しておきたいと考えますね。
なので、「おまかせキーワードチャージャー」で、数多くの薬学、薬の研究等に関するサイトを登録しました。
すると、その大学生のパソコンのワープロソフトを使って文章を書いて行く中で、たくさんの専門用語が既に登録されている状態となります。
例えば「きゅうしゅう」と打つだけで「吸収速度定数」「吸収率」「吸収速度」などの専門用語が候補として出てくるのです。
こうなると、非常に薬学関係の論文を書き易いパソコンになり、再び素早く、ストレスなく論文を完成させることが出来るでしょう。
この「おまかせキーワードチャージャー」を使うと、文章作りにかかる時間が随分短縮できます。

atok入力の便利機能

文章を書いている際に、気をつけなければならないのが誤字、脱字です。
誤字、脱字というものは、いかに文章を書くことが頼もしい人、あるいは経験豊富な人であっても少なからずしてしまうミスです。
単純な入力ミスは些細な問題で、一番の厄介な点は、人間の持つ性質にあります。
人間は、自分にとって都合の良い情報を拾い上げる性質があります。
そうしてたまに、事実をねじ曲げてしまうこともあります。
これは考えてそうするという類の話ではなく、本能的な習性です。
例えば、「私は昨日、近所のコンビニでたくさんのお買いものを通じて、その後にファミレスに言って食事をしました。
」という文章があるとします。
明らかに、後半部分に誤字脱字があります。
但し、これを入力している本人は、気付かない時があります。
それは、脳内で「ファミレスをめぐって食事をしました。
」という文章ができ上がっているからです。
そのため、本当に入力した文章ではなく、その脳内のイメージを見てしまっているのです。
従って、誤字、脱字はやはり生まれてしまいます。
そうした間違いを回避するため、初めて打った文章を付け足し、添削、推敲することはほとんどの人がすることまずはあります。
ですがその見直しの際にも、書いた本人は「ふさわしい文章」というフィルター越しに見てしまうことが多々あります。
そうしてこれは書いた本人とか、他の人の文章を読んだ場合にも起こります。
そのため誤字、脱字があっても、見落とされたままになってしまう。
atokには、あんなミスを極力なくせるように自動補正機能がついています。
自動補正機能とは、文脈から入力ミスを見抜き、変換の際にふさわしいであろう候補を表示する機能です。
こんな機能が備わっている点も、atokが支持される大きな要因のひとつといえるでしょう。