atokの辞書機能

10110597文章を書いている際、専門用語を使うケースもあるかと思います。
日常の会話の中それでは低いかもしれませんが、論文を書いていたり、会社文書を作っていたりする場合は、割と頻繁に起こるでしょう。
こういう専門用語は、意味を間違えて使用してしまうとずいぶん恥ずかしかったりします。
さすが、会社文書などの場合は、それによって食い違いが生じる可能性も否定できません。
そうなれば、会社に対して損害を与えて仕舞う恐れもあります。
こういったミスをなくすための手段として言えるのは、辞書にて確認を行うことところが、専門用語の多い文章の場合、それをいちいち辞書でチェックするとなると、かなりの時間がかかってしまいます。
そこで開発されたのが、atokの辞書機能です。
atokでは、「広辞苑」、「大辞林」といったおなじみの辞書を記し、文字の入力ところそれらの意味を表示させるという機能がついています。
例えば、「労働基準法」という単語を打った場合、その「労働基準法」の意味を、上記のような辞典に掲載されている文章そのままで表示してくれるのです。
そのため、わかりにくい説明や説明足らずの解説というものがなく、その表示だけで十分に理解ができます。
これによって、文章を始める際に言葉の意味がわからないので時間として仕舞うことがなくなり、スムーズな作成が可能となるのです。
このシステムを利用するにあたり、辞書は別個用意する必要があるのでお金はかかります。
ただし、専門書などの辞書も追加できるので、その価値は可能あるでしょう。

atokダイレクト

複数用意されているatokのサービスの中に、「atokダイレクト」というものがあります。
これは、atokをより使い勝手の良い日本語入力サービスに押し上げている、非常に便利なサービスです。
atokダイレクトというのは、ブラウザを使用せずに「Yahoo!JAPAN」のWeb上へとアクセスできる機能です。
つまり、文章を吐出しながら手軽にインターネットを利用できる機能ということになります。
この機能を利用することで、文章作成時間をとても短縮させることができます。
文章を書いている時、ちょっと調べものをしたくなるということは誰でもあることですね。
それは、言葉の意味を調べたいということだけではなく、「とある表現に関して、ちょいチェックをしてみたい」とか、「この内容に関してもっと資料を集めておきたい」とか、「この催しにはどういう関連企業が参加しているのか」など、人それぞれ、場合によるですね。
この場合、一度文章作成ソフトから離れてインターネットブラウザを起動させ、ネットにつなぐのが一般的な方法です。
この場合、調べたいことがある度にブラウザの方に移動する必要があるため、その分時間を割かれてしまいます。
とりわけ、情報を確認しながら文章を仕掛ける場合、文章作成ソフトとブラウザを見比べるために何度も取り換える必要があり、場合によっては、ひとつの書類を作りあげるのに相当な時間を有する必要が出てくるでしょう。
その点、atokダイレクトを利用すると、その時間はかなり短縮できます。
特定のキーワードに対し、WEBそのままの小枠が設けられ、そこで情報を閲覧できるため、わざわざ画面を差し替えること無くインターネットを利用できるのです。

atokの満足度

さまざまな機能を搭載している日本語入力システムatokは、非常に使用評価の高いシステムとして知られています。
だからこそ、標準搭載の日本語入力システムからatokに切りかえる人が多いのでしょう。
こんなatokは、具体的にいかなる面において支持を集めているのでしょうか。
atokのユーザー評価が非常に高い点は、「辞書システム」に代表される、言葉の意味が直ちに判るという点です。
この評価が良い理由としては、「ストレスなく直ちに文章作成できる」「効率がのぼり、時間短縮ができる」「誤変換が短く、ミスが減った」などが挙げられます。
これらの点は、文書を作成する人にとってはいずれも大きな課題です。
それをしっかりとフォローしてくれるという点において、atokへの真実味が増しているのでしょう。
次に、「敬語のミスを指摘できる」という点も、支持を得る大きな要因となっているようです。
これは、仕事文書を作成する必要がある人にとっては、非常にありがたい機能です。
また、メールのやり取りの際も、敬語表現で苦しむ人は多いでしょう。
そのため、支持が集まっていると思われます。
また、「英語にも変換機能が利用できる」という点も支持を集めています。
英語を使う機会が多い人にとっては、スペルミスを恐れず書き込めるので全然頼もしいようです。
こういった点が評価されていることもあり、atokを使うと表現力の向上にもつながると言われています。
文章を書く練習をする場合にも、非常に使いやすいシステムといえます。