atok Pad

10122671atokのシステムによってノートを作成する「atok Pad」は、非常に使いやすいツールとして人気を集めています。
「atok Pad」をパソコンに取り入れると、「Ctrl」キーを2回押しただけで表示されるので非常に呼び出し易く、またおんなじ動作、または「Esc」キーを1回圧すだけで非表示になるので、画面から消し易いというメリットがあります。
また、非表示とした場合けれどもノート内の文章が去るわけではないので、何か用事ができて一時その場を離れたり、文章を見られたくない人が近くに来たりした場合などに、表示と非表示を置き換えることでスムーズな対応が可能となります。
「atok Pad」は、パソコン、もしくはiPhone等で利用可能なノートです。
ノート機能は、既にパソコンにも携帯電話にもついていますが、これらのツールと比較しても、使いやすい上に操作がしやすいという大きな利点があります。
通常のノートは、文字の大きさを変更したり、フォントを変えたりといった機能が付いていません。
そのため、しっかりとした文書を作成する上では、ワープロソフトを利用するのが必須でしょう。
ですが、「atok Pad」は十分に本格的な文書の作成も利用出来るツールなのです。
また、iPhoneで利用出来る点もatokの大きなメリットと言えるでしょう。
パソコン内で文書を探る場合はワープロソフトを利用することができますが、携帯電話になると、そこまで本格的な文書作成ソフトが入っているとは限りません。
その点において、「atok Pad」が請け負う役割はパソコンよりグングン大きくなります。

atok Padの特徴

「atok Pad」はノート機能ツールではありますが、パソコン等に標準搭載されているノートよりも随分質の高いツールとなっています。
その特徴としてあげられるのが、管理機能です。
この機能は、「atok Pad」を使用する上で、どんどん快適に、また安全に利用するためのものといえます。
「atok Pad」によって入力したメモは、一覧画面で管理が可能です。
ゲームのデータをロードするときの画面に似ているので、普段からよくゲームを通している人なら抵抗なく覚えられるでしょう。
入力した文章を保存し、またもう編集したり、同期したり、消したりといった操作がひとつの画面でできるので、非常にわかりやすくそんなふうに見い出し易い管理システムといえるでしょう。
また、「atok Pad」にはWeb連携機能もついています。
この機能は通常のノートにはない機能で、インターネットとの連携ができるという非常に便利なシステムです。
例えば、「Yahoo!検索」、「Yahoo!辞書」、「Yahoo!地図」といった、Yahoo!がサイト上で提供しているサービスを「atok Pad」上で利用することも可能です。
再度、「atok Pad」で編集したメモをTwitterでツイートすることもできます。
操作方法は簡単で、メモを入力した将来メニューを変わり、そこに並んでいるメニューの中から「Twitterにツイートする」を選ぶだけでOKです。
但し、Twitterは140文字という文字制限があるので、仮にメモがその文字数を超えていた場合は、頭の140文字だけがTwitter上に表示されることになります。

atok PadとEvernote

Web連携機能を搭載している「atok Pad」ですが、その機能の一環として、Evernoteとの連携がやれるという特徴もあります。
Evernoteとは、オンライン上でメモ帳を管理することが出来るソフトです。
パソコン、携帯電話等で利用可能なツールとなっており、現在急速にその知名度を伸ばしています。
Evernoteのシステムは、アカウントを出し、オンライン上にメモ帳用のスペースを出し、そこで管理するというようになっています。
オンライン上に自分だけの空間を形作り、そこで手書きメモを保存したり、画像ファイルを貼り付けたりすることが可能です。
ブログやホームページとはまたさっと異なる感覚のオンラインページを持つことができるサービスと考えると良いでしょう。
Evernoteはかなり高性能なツールで、各種ことができます。
そのひとつに、たくさんの他のソフトと連携し、共に編集出来るという機能が挙げられます。
そうして、その連携可能なソフトの中に「atok Pad」も含まれているのです。
「atok Pad」内で編集したメモのデータをEvernoteと同期すると、Evernoteクライアントものの感じで「atok Pad」が利用出来るようになります。
このメリットは、プラットフォームを選ばず、さまざまな機器で同様のデータを取り扱えるという点です。
例えば、パソコンで編集したメモを携帯電話でグングン編集し、それをTwitterにツイートするということも可能です。