優れた「メモ」機能

12600267お買いものリスト、思いついたアイデア、大切なメモなど、これからは忘れずにすべて取り置くことができます。
頭にさっさと浮かんだら、iPad 2に直ちに書きとめておきましょう。
そうして、それを思い起こしたいときがあったら、頭をひねって策するよりも先に、iPad 2を引き出しましょう。
覚えておきたいことや、忘れたくないことがあったら、iPad 2のアプリケーション「メモ」に書きとめて、いつでもどこへも持ち歩きましょう。
大きなiPad 2のディスプレイには、思いついたことを何でも書けるスペースが十分用意されています。
縦向きで使用する時は、iPad 2全体が大きなメモ用紙になり、横向きに持つと、メモ用紙の横に他に登録されているメモがリストで表示されます。
削除や追加もタップするだけですし、メモをまくることも可能です。
リストには、赤い線で現在のメモが囲まれているので、全くわかりやすいです。
大きくて使いやすいキーボードがスクリーン上に表示されるので、急にメモ望む時でも簡単です。
テキストも、読みやすく鮮明に表示されます。
英文の場合は、自動的に句読点の挿入やスペルの修正も行います。
みんなに知らせたい情報をその場で書きとめ、みんなにメールすることもできます。
iPad 2はさまざまなアプリケーションが連係するようになっているので、メモにある住所や電話番号をタップするだけで、「連絡先」に登録されている連絡先や、「マップ」で地図を解くこともできます。
また、iTunesを使用して、WindowsやMacのパソコンにメモをシンクすることも簡単です。

音楽好きな人におすすめの「GarageBand」

iPad 2のアプリケーションで、音楽が大スキな人にお勧めなのが「GarageBand」です。
これさえあれば、いつでもどこでも、自分で最高の曲を作って録音することができます。
GarageBandは「App Store」から購入できます
GarageBandは、表現力の豊かな本もののようにな楽器が、マルチタッチで簡単に演奏できます。
当然、本ものの楽器ではできないような機能も備えています。
Drums・・・リズムをタップで刻み込むことができる“アコースティックドラムセット”は3種類あり、タップの強弱によって、スネア、タム、バスドラム、シンバル、ハイハットの音量や音色を調整できます。
Keyboards・・・グランドピアノやシンセサイザー、オルガンといった、キーボードコレクションが豊富に用意されています。
それぞれ個性的なサウンドとルックスで、演奏の特色のカスタマイズもできます。
タップを著しくすれば音は大きくなり、ソフトにすれば音も小さくなります。
ほとんど本ものの楽器を触っているかのようです。
演奏している気分を味わえる自動演奏機能「Smart Instruments」もあるので、楽器にまるっきり触ったことのない人も、プロミュージシャンのように本格的な演奏ができます。
Smart Guitars・・・エレクトリックギターとアコースティックは、コードをストロークやフィンガーピッキングでプレイできます。
オリジナルメロディやリフをタップによって創ることも可能です。
Smart Drums・・・スネアやバスドラム、シンバルをドラッグ&ドロップして、オリジナルビートを作成することができます。
また、パートをそれぞれ動かして、パターンを変えてみるのも簡単です。
GarageBandには、レコーディングスタジオの役割も果たします。
Touch Instrumentsの演奏や録音したサウンドなどを自由に組み合わせたり、ミキシングやアレンジしたりすることができます。
iPad 2とGarageBandで、プロミュージシャン気分を満喫して下さい。

iPod 2で新聞を読む

タッチパネルを搭載したiPad 2の魅力は、さまざまなアプリケーションを「App Store」で増し、ダウンロードできることでしょう。
ポータブルなiPad 2で本領を発揮するのが、特ダネが出先も入手できる新聞やニュースに関するアプリです。
これさえあれば、通勤電車の中で新聞や雑誌をガサガサと広げるのは、既に時代遅れかもしれません。
ここではiPad 2で利用できる新聞やニュース関連のアプリを紹介します。
日本経済新聞 電子版・・・日本経済新聞に掲載されているものと、ほぼ同じ記事を表示しています。
電子版の有料会員は本アプリに加え、携帯やパソコンからも利用できます。
電子版のコンテンツから「朝刊/夕刊」と「速報」の掴むことができます。
とっくに取り込んでいる記事は、通信が不安定な環境でもよむことが可能です。
AFPBB News・・・国際ニュースの「AFPBB News」による、最新ニュースの記事掴むことができます。
このサイトは、いち早く世界中のニュースを翻訳・編集し、写真付きで配信しているニュースサイトです。
ニュース記事は、一時的にそのデータをアプリケーション内に保存するので、回線状況を気にしないで掴むことができて便利です。
東スポ芸能・・・ユーモアたっぷりの紙面構成と数多くの芸能スクープ記事で、たくさんのファンをもつエンターテインメント紙「東京スポーツ新聞」をiPad 2で掴むことできます。
また、350円の課金をすると、東スポ芸能のコンテンツが購入後月収間読み放題となります。

iPad 2の充電について

iPad 2をパソコンに結びつける際に、「充電していません」と残量表示部に表示されることがあります。
iPad 2は、充電する際に高出力10WのUSBポートが必要です。
それにより、ACアダプタやパソコンの種類によっては、iPad 2を充電することができなくなります。
必要なのは、iPad 2本体に付属しているACアダプタや純正ACアダプタ、またはiPad 2に対応するACアダプタ(高出力10W以上)です。
通常のUSB ACアダプタの出力電圧は5Vなので、2A以上の出力電流のものを使用ください。
ただ、「充電していません」という表示が出ていても、実際には少しずつ少しずつ充電されており、接続を長時間していると、残量はわずかながら増えていくのです。
ただし、定格を下回った充電器で充電すると、充電器が過熱を起こしたり、故障したり、最悪の場合は発火の恐れもあるので注意が必要です。
また、iPadに内蔵されているバッテリーは、iPhoneやiPodと同様に交換することができません。
そのため、充電性能が落ちてきた場合は、“アップルストア”で交換してもらいましょう。
保証は1年間で、その保証範囲はバッテリーが不良となった場合としています。
「AppleCare Protection Plan」に加入した場合は、2年間まで保証期間を引き延ばすことが可能です。
バッテリー容量が保証期間中に当初の50%以下まで劣化していたら、Appleでは無償でバッテリーを交換してもらえる。
保証期間を過ぎていたら、目新しいバッテリーに6,800円で交換できます。
なお、Appleは、バッテリーの処分を環境に手厚い方法で行っています。

iPad 2を保護するカバー

「iPad Smart Cover」は、iPad 2のために作られた多機能のカバーです。
このiPad Smart Coverは、かなり優れていますが、1つだけ無念のは、iPad 2の背面は保護することができない点です。
なのでおすすめなのが、トリニティの「Smart BACK Cover for iPad 2」です。
これは、iPad 2の背面をしっかり保護し、iPad Smart Coverとも併用できるカバーです。
Smart BACK Cover for iPad 2は、無い透明のジャケットで、iPad 2の背面を保護します。
耐衝撃性は大してゼロようですが、傷の防止にはなります。
Smart BACK Cover for iPad 2は、iPad Smart Coverの際立つ機能を邪魔せずに、iPad 2の背面を保護します。
この2つのカバーはぴったりマッチしていると言って良いでしょう。
ただ、外にiPad 2を持ち出すときは、しばし耐衝撃性が厳しいと安心かもしれません。
そんなときには、SoftBank SELECTIONの「 ホルダーケース for iPad 2」がおすすめです。
カラーは、ブラックとクリームがあって、タイピングしやすい角度になる台座としての機能もあります。
台座にした状態では、iPad Smart Coverよりもこちらのほうが使いやすいようです。
また、自立させた状態でも、iPad Smart Coverよりもリライアビリティが少し高いようです。