ECサイト構築のデメリット

19766644かりに評判が良いシステムでもメリット・デメリットが見て取れるのは当然です。
株式会社ロックオンが開発したECサイト等のサイト構築システムのec-cubeに至っても同様です。
そこでここではECサイト構築をする方法のデメリットをサービス毎に挙げてみたいと思います。
【大手モール】
・月額費用が繋がるだけじゃなくて、販売額等の応じて従量課金を変わる事が有ります。
・モール内の競争が激化している状況なので、自分のショップの売り上げを伸ばそうとして最適広告費をかけて仕舞う事になりかねない。
・外部サイトにリンクする事を禁止している事が手広く、とっても制限をかけられている場合が多いです
・無論機能のカスタマイズが出来ず、デザインにおいてもカスタマイズに宣言をかけられています。
【ASP型サービス】
・取り扱う商品が増えてくると、種類を上位に変更しなければならなくなる可能性が高いです。
・ASP提携会社に依存しているので、サービスを中止させられるとそれを使えなくなるというリスクが出てきます。
・サイトのアピールやプロモーションは独自で行わなければなりません。
・無論機能のカスタマイズが出来ず、デザインにおいてもカスタマイズに宣言をかけられています。
【独自開発】
・開発に費用と時間がもの凄くかかってしまいます。
【ec-cube】
・サイトのアピールやプロモーションは独自で行わなければなりません。
そうして見ると、ec-cubeのデメリットはなかなか少ない事がお分かり頂けると思います。

ec-cubeの初期設定について

サイトをオープンさせる前に設定しておかなくてはいけない事がいくつか有ります。
なのでここではec-cubeを導入するときの初期設定について説明していきたいと思います。
【システム設定】
・メンバー管理
これだけは設定しておかないと他の管理が出来ないですのでec-cubeをインストールしたら管理者の情報やパスワード等の確認をしましょう。
その他の設定はこれからする様にください。
【基本情報管理】
・SHOPマスタ
ここで記載された内容はサイト内の「当サイトについて」のページで公開されますので、間違えない様に入力していきましょう。
・仮名入力
スペースを入れてしまうとエラーとなりますので注意して入力しましょう。
・メールアドレス
商品注文受付用メールアドレス、問合せメールアドレスなどで必要であればアドレスを入力して下さい。
このアドレスは全て同じでもばらばらでも構いません。
・送信元メールアドレス
受注メールの返信先に該当するメールアドレス、エラーになった場合の戻り先メールアドレスを入力します。
また、ここでは消費税率、送料を無料とするときの条件、課税規則といった情報も設定をきっちり行なう様にください。
【支払方法の選択】
いかなる支払方法が出来るのかを設定します。
それぞれの支払いの方法で必要となる手数料の入力も行いますおんなじ業者であっても項目は利用条件によって複数始める事が出来ますので、手数料の設定を合計お買い上げ金額によって設定する事が出来ます。

ec-cubeの初期設定について2

サイトが出来たら早速オープン出来てショッピングを楽しんでもらえるのかと言ったらそうではありません。
いくつか設定を通じておかなければならない事が見て取れるのです。
なのでここではec-cubeでサイトを作った方用に初期設定の方法を挙げてみたいと思いますので参考にしてください。
【特定商取引法】
インターネットでショップを解き放ち、運営をする会社は「特定商取引に関する表記」をしなければなりません。
これは義務になります。
明るい事は経済産業省の特定商取引に関する法律を調べてみて下さい。
ec-cubeではこれを設定出来る様な機能も付いていますので、表記をことごとくする様にください。
【配達業者】
配送業者単位で送料の設定を地域特別行います。
ec-cubeでの設定にあたり、この部分が相当もろい所でして、重量特別送料を割り出したいとなると改造しないと設定が出来ないのです。
ショッピングで商材が概して同じ大きさだっていうなら特段問題は無いのですが、ばらばらの大きさの商材を向き合う場合はまだまだ設定が大変だと思います。
配送業者と地域別の送料として得る所で契約をする様にする等、事前に調べておかなくてはならないのです。
【メール設定】
これは自動返信メールの内容の設定になります。
ec-cubeで用意されている機能は「注文受付」「取寄せ確認」「キャンセル受付」として、これでよければ文章を入力して設定完了になりますが、足りない場合は文面を工夫して設定していく必要が有りますので注意してください。