ニッチキーワード


ロングテールSEOをおっしゃる上で、ニッチキーワードの存在ははずすことができません。
ニッチキーワードとは、簡単にいえば「穴場」のキーワードのことです。
多くのユーザーが検索するキーワードではありませんが、ある程度少数のユーザーから検索される可能性のおっきいキーワードを指します。
同時に、絞り込み検索に利用されるキーワードという定義づけもなされています。
ロングテールSEOを分析する方法として、このニッチキーワードを解析する方法が挙げられますが、それは「ヘビーユーザー」と呼ばれる層が、どのようなキーワードで探しているかという点がSEOにおいて重要だからです。
具体的にニッチキーワードの例を挙げてみましょう。
たとえば、「扇風機」を探している人がいるとします。
その場合、やはり「扇風機」がビッグキーワードとなります。
誰もがこのキーワードを使用するでしょう。
ですが、これだけを入れて検索しても結果があんまり手広く、また目的を満たすサイトにヒットする可能性が低いということは、ある程度インターネットに精通したユーザーなら理解しているところです。
ですので、通常は「扇風機+×××」といった形式で絞り込み検索を行います。
目的が扇風機の購入なら、この×××の部分には、「製造会社名」、「格安」、「値段」、「レビュー」、「感想」、「店舗名」などが候補として挙げられます。
これらがニッチキーワードとなります。
但し、「パナソニック」、「Amazon」などの有名な製造会社や店舗名の場合は、断じてその限りではありません。
あくまでも、ある程度マイナーなキーワードがニッチキーワードとなります。

ニッチキーワードとロングテールSEO

ニッチキーワードは、ロングテールSEOの構築において中核を担う存在です。
ロングテールSEOの尻尾部分は、本当にこのニッチキーワードで埋まっているからです。
ビッグキーワードが検索数の多数を占める中、ニッチキーワードはいわゆるスキマ的キーワードとなっているため、使用する人の数はさほど多くはありません。
ですが、ニッチキーワードを利用する人は必ずやなんらかの目的を有しています。
そうして、目的を持ち歩いているユーザーはリアクションを起こす可能性が高いと言えます。
それを見越してヘビーユーザーをサイトに引き込む方法が、ロングテールSEOなのです。
ニッチキーワードをうまく利用するためには、単純にニッチキーワードを多数サイト内のコンテンツに持ち込むだけでは上手うまくいきません。
ニッチキーワードで訪問したユーザーは、そのサイトに対して冷やかし感覚で訪れるわけではなく、中身をしっかりと確かめるからです。
そのサイトの目的が、コンテンツ内の解説や紹介による宣伝であった場合は、その中身次第では逆にマイナスになりかねません。
ヘビーユーザーは、中身のよく乏しいサイトだった場合、その感想を自分のブログや掲示板、ツイッターなどに打ち込む可能性もあるからです。
そんな訪問者であるということを頭に入れておかなくては、ロングテールSEOという方法はうまくいきません。
従って、ニッチキーワードを利用する場合は、サイトの中身、コンテンツの中身、文章の中身にもしっかりと気を配る必要があります。

ニッチキーワードの定義


ビッグキーワード、スモールキーワード、ニッチキーワードには、それぞれにある程度のところでリミットが必要です。
どこまでがビッグキーワードで、どこまでがそうでないのか。
どこまでがニッチキーワードで、どこまでがそうでないのか。
そういった線引きがないと、何だかニッチキーワードを定義付けすることができません。
ロングテールSEOにおいては、いわゆる「8割」、「2割」がそのラインとはなっていますが、ある分野における検索繋がるキーワード全体の8割を占めるキーワード、あるいは2割のキーワードといわれても、それぞれの分野での絶対数が異なる以上、今ひとつのが実状です。
まさにニッチキーワードを定義付けする方法は、他にないのでしょうか。
結論から言えば、公然とした定義付けというものはありません。
どの程度のキーワードがニッチキーワードに該当するのかということは、独自にそれぞれ定義する必要があります。
簡単に言えば、ここはアバウトに決めているケースがざっとというわけです。
但し、この部分の定義が大してうまくいっていないと、ニッチキーワード自体も精度を欠くものになりかねません。
ある程度精度のある指標を、自分で作っておきましょう。
ニッチキーワードの場合、ある程度マイナーでオッズが安く、なおかつ一定以上の検索数があるということが必須条件です。
従って、目安としては、一日1,000回程度検索されているキーワードが狙い目です。
勿論、この1,000回の検索数のすべてが自分のサイトを検索するということではありません。
全体で1,000回です。
その中の1割でも自分のサイトに来てくれれば、100人が来ていただける計算になります。
ロングテールSEOの方法としては、みっちり当たるくらいの数になります。

ニッチキーワードの探し方

まずは、実にニッチキーワードを探してみましょう。
方法はいくつかありますが、ひときわお金がかからず、やはり勉強になるのは、自らで見いだすという方法です。
ロングテールやSEOの意味を解る上でも、では自分で探してみましょう。
キーワードを編み出す場合、それではメインタイトルを決定する必要があります。
検索のほとんどは、「メイン サブ」という探し方をするからです。
一つのキーワードだけでは、概念的越える、あるいは最大公約数的検索になって仕舞うため、必ず目的のサイトには辿り着けません。
最低一つは絞り込み用のキーワードを押し込める必要があります。
ニッチキーワードは、このサブキーワードの部分のことという見方をされがちですが、実際にはメインの部分もニッチキーワードとして得ます。
ロングテールSEOの要となるニッチキーワードとは、スキマキーワード、穴場キーワードなのですから、目的と符合している中でしばらく変化球的キーワードをメインにもってくれば、それも適切ニッチキーワードです。
メインキーワードをニッチキーワードにする場合は、通常メインで使うとおもわれるビッグキーワードに付随するサブキーワードを以て流用するという方法が一般的です。
これによって、自然と仲のあるキーワードを設定することができます。
ビッグキーワードで検索した場合、Google等ではそれとくっつけるキーワードの候補がいくつも浮き出るので、それを参考にすると良いでしょう。
また、辞書などでキーワードの意味を調べ、類似語などを見つけても良いでしょう。