ロングテールキーワードの最適化


SEOとは「SEO」という意味です。
検索エンジンにおいて、最高の結果をもたらすための方法と言えます。
要するに、検索の結果、上位に名前を連ねる方法ですね。
ロングテールSEOではその点をある程度放棄し、少数派を抱え込むという方法をとっています。
ですが、完全に放棄するわけにはいきません。
そうなれば、検索結果に名前すら載らないようなサイトになってしまいます。
そのサジ加減が、ロングテールSEOを成功させる秘策と言えます。
ロングテールSEOで使用するキーワードのオプティマイズは、記事数の調整とキーワードの分断が重要です。
まるで記事数だが、サイト内の記事をジャンジャン繰り返すことが好ましいですね。
長い文章の記事を少数掲載するより、少ない文章の記事をたくさん掲載するほうがキーワードが拡散罹るからです。
なかなか、同記事内におけるキーワードの種類というものは限られて来る。
但し、記事数を増やせば、自然とアプローチもなる分、キーワードも多様化されて来る。
その結果、ロングテール部分のキーワードが増大するというわけです。
それに従い、キーワードの分断も重要となってきます。
これは検索の仕方と密接な関係があるので、ひとたびそちらから説明します。
キーワードの検索の場合、二つのキーワードを検索する際には、スペースを通じて検索するケースが多い一方、「の」や「と」等を来れるケースもあります。
たとえば、「風船 種類」という検索をするケースと「風船の種類」というキーワードで検索するケースですね。
これらの両方を入れ込んでおけば、一段と効果的にユーザーを引き込むことができます。

スモールキーワードとニッチキーワード

ビッグキーワードの対義語として、よく使用されているスモールキーワード。
この言葉の意味は、簡単に言えば「あんまり検索されないキーワード」です。
従って、定義的にはニッチキーワードと同じようなニュアンスになります。
実際、ニッチキーワードとスモールキーワードを同義として扱っている人も多数います。
本人は別途間違いというわけではありませんが、これらは区別する方法もあります。
そもそもニッチキーワードの「ニッチ」とは、どういう意味かご存知でしょうか。
ニッチとは、「特別」とか「隙間」とかいう意味を持つ単語です。
あるいは、「適所」という意味でも使われます。
これらからも頷けるとおり、ニッチという言葉は肯定的にも否定的にも利用される単語なのです。
従って、ニッチキーワードの持つ定義は大きく、「あんまり使われない言葉」とも取れるし、「少数ながら適切な言葉」とも取れる。
ロングテールSEOにおけるニッチキーワードは、後者の「少数ながら適切な言葉」の意味合いが著しいとして良いでしょう。
やはり、前者の「ほとんど使われない言葉」についても多分に含んではいます。
ただし、もっぱら利用者が少ないだけのキーワードでは、ロングテール部分を充たすことはできても、SEOに利用するキーワードとしては不適切です。
つまり、少数でありつつロングテールSEOに効果的キーワードというのが、ニッチキーワードの持つニュアンスになります。
ニッチキーワードは、SEOの方法として適切なキーワードであるといえるのです。

ミドルキーワードとロングテールSEO


多数の人間が取り扱うキーワードを「ビッグキーワード」、少数の人間が扱うキーワードを「スモールキーワード」と言いますが、この中間くらいのキーワードはどうして呼べば良いのでしょう。
その範囲に属するキーワードには、「ミドルキーワード」という言葉が用意されています。
ビッグとスモールの中間を意味する「ミドル」をもちまして用いているので、意味的にも捉えやすい言葉と言えるのではないでしょうか。
ミドルキーワードは、ロングテールSEOにおいて非常に重要な意味合いを持ちます。
というのも、ニッチキーワードはスモールキーワードと混同されがちですが、実際にはこのミドルキーワードも域に属しているからです。
ロングテールSEOの方法を考えてみると、ユーザーの割合こそ全体の2割を生かすという方法が用いられていますが、言葉の数だけで見ると、ビッグキーワード以外のほとんどのキーワードがロングテールSEOにおいて利用価値がある言葉であると判断できます。
従って、ミドルキーワードも十分にその域に入っているのです。
ミドルキーワードの例を挙げてみましょう。
たとえば、「携帯電話」について考えてみます。
この場合、ビッグキーワードは当然「携帯」、「ケータイ」となりますが、「ドコモ」、「ソフトバンク」、「au」などのメーカーも、その知名度からビッグキーワードと言えます。
一方、スモールワードは、「料金」、「比較」、「サービス」などになるでしょう。
では、ミドルキーワードはどうなのかというと、この中間くらいの利用者数が予想されるキーワードです。
「機種」、「折り畳み」、「充電器」、「iPod」などが該当するでしょう。

ロングテールキーワードの重要因子

ロングテールSEOを細かく分析してみると、どういった点を重視すべきかという、いわゆる「重要因子」が見えてきます。
この重要因子をどんなに観るかということが、SEOにおいては非常に大切なのです。
どの点をしっかりチェックするかによって、効率はかなり変わってきます。
その分析を行う方法としては、実際に成果が出ているケースと出ていないケースとを比較し、それぞれの特徴や問題点を洗い出すのが一番良い方法です。
ただ、この方法はサンプル例の数がある程度必要なので、個人で行うのはペラペラ難しいかもしれません。
実際に、そういった分析方法でロングテールSEOを解析した例もあります。
その場合、ビッグキーワードによるSEOと、ロングテールSEOとを比較し、その結果どういった点が重要因子となっているのかをピックアップしているようです。
結果としては、ロングテールSEOにおいて重要なのは「内的要因」です。
つまり、サイトの中身、品質、内容の充実度などです。
これはロングテールSEOにおける最低条件の一つなので、とりたててここで解説する必要もないでしょう。
それ以外の重要因子としては、サイトの年数、リンクのバラエティ、ドメイン・オーソリティ、そしてアンカーテキストが同程度の割合と言われています。
サイトの年数は、すなわち新鮮度。
リンクに関しては、よりの、どんどん多分野のサイトへのリンクが求められます。
そうして、ドメイン・オーソリティやアンカーテキストに関しては、通常のSEOと同じとして良いでしょう。

アンカーテキストと多様性


SEO全般に当てはまることところが、アンカーテキストは非常に重要と言われています。
アンカーテキストというのは、その性質上、検索結果を上位に持って行く上ではやけに優位な作業です。
あまり手間がかからない点も含め、SEOの方法としては特に多くの人が利用しているのではないでしょうか。
一段と、このアンカーテキストはロングテールSEOと非常に相性が良いとしています。
アンカーテキストは、リンクのテキストに一定のSEO効果があると思われるキーワードを混ぜると効果的です。
ですがビッグキーワードを頻繁に加えると、読み手に違和感を憶えさせる要因となりかねません。
但し、ロングテールSEOの場合は、ビッグキーワードという限定的なセレクトにハマる無用ため、非常に利用しやすいのです。
アンカーテキストには、ひとつ注意点があります。
おんなじページ内にいくつもリンクを貼っても効果はないという点です。
最初のひとつのリンクのみに効果が発揮され、後のリンクは無意味となります。
同一のページに多数のアンカーテキストを作っても作業の無駄となってしまうため、一つだけに絞っておきましょう。
不必要なリンクは、SEO効果の妨げにもなりかねません。
また、ロングテールSEOを効果的にする方法として、アンカーテキストにバラエティーを授けるというものがあります。
これは単にアンカーテキストを用いるだけではなく、多数のページに多数のキーワードでアンカーテキストを用いるということです。
同一ページでは効果が一つしかないアンカーテキストですが、別のページであれば同一のアドレスも効果は発揮されます。
ですが、できれば別のサイトへのリンクの方がどんどん効果が上がります。