福利厚生のアウトソーシングサービスその1


みなさんの会社には、福利厚生はありますか?
ここでは福利厚生とアウトソーシングサービスについて言いだしたいと思います。
がんばっている働き手のため、会社側は、各種生活支援制度として福利厚生を導入している会社が多いですよね。
そもそも、法律で義務になっている社会保険、または、健康保険、厚生年金などが、福利厚生の基本と言えるでしょう。
また、福利厚生として一般的なのは、社宅だったり、寮だったり、保養所などもありますよね。
それに、退職金制度、財形貯蓄などもそうですね。
保養所などは誰でも知っている福利厚生であり、私も以前、働いていた会社の福利厚生として旅行に行ったこともありました。
高級なリゾートホテルが一泊千円で宿泊できるので、社員は喜んで使っていました。
昔からあるこのような福利厚生は、働き手が気持ちよく元気に、そして、最後までうちの会社で働いていただけることを目的として、整備されていたものだと思います。
長く勤めてもらおうという会社側の思いによって作られた制度です。
当然、福利厚生にはそれなりの費用がかかります。
ですが、長く勤めて買うためには、その費用がかかっても仕方なかったのです。
時流とともに、企業において、この福利厚生への考え方も変わって来ました。
現在のような不況の中、企業のコストはどんどんカットされています。
無駄なものは全部カットすることも、企業が生き延びる方法ですから、これも仕方のないことです。
その中で、福利厚生にかかる費用もカットする企業や、見直しする企業も出て来ました。
そこでアウトソーシングサービスなのです。

福利厚生のアウトソーシングサービスその2

なので進出してきたのがアウトソーシングサービス会社です。
今まで自社で管理したり維持したりしていましが、それに変わって、これをアウトソーシングサービスに任せるのです。
自社で行わず、福利厚生制度を寄り掛かる会社が増えて来たと言います。
福利厚生にかかる費用を削減すると同時に、効率化を見分ける、そういったサービスを通じているのが福利厚生アウトソーシングサービス専門企業なのです。
以前は、それぞれの企業が福利厚生の施設を自社で持ち歩いていました。
たとえば、社員寮とか、社宅とか、保養所などがそうです。
ですが、それを共有化することで、コストをカット出来るようになります。
このアウトソーシングサービス、近年それでは、利用している企業が実に数多く、利用する企業が多いと、福利厚生のサービス面も幅が広くなり、各種メニューが充実して来ました。
福利厚生をアウトソーシングサービスに委託することは、お話ししたようにコストダウンになります。
この、コストダウンということを目的に、利用企業が増えて、結果、このアウトソーシングサービスが繁盛したのです。
ですが、最近では、わずかコストダウンというだけではなくなりました。
経費削減もそうですが、その他に利点が出てきました。
さて、それは如何なることでしょうか?
福利厚生のアウトソーシングサービスとしている企業の目的が変わって来たのです。
それは、企業に対するイメージアップ、そして、それによって嬉しい人材を確保しようという動きです。

福利厚生のアウトソーシングサービスその3


このようなことを目的に、戦略として、豊富なバリエーションの福利厚生を導入していると言っても良いでしょう。
福利厚生を社員のためだけでなく、「このような福利厚生を導入している」というPRとして、企業側もそれを活用しようしています。
福利厚生にも様々なメニューがありますよね。
リゾートのホテルとか、人間ドッグとか、如何なるメニューの福利厚生があるか、力を入れているかで、企業のイメージがなるというのです。
たとえば、福利厚生のアウトソーシングサービスを使って、健康診断や人間ドックに力を入れている会社があるとください。
そうすると、それを聞いた人は、「この企業は社員の体を大事に思ってくれているのだなあ」というでしょう。
ただ社員を働かせるだけでなく、体のことも真剣に考えてくれるからこそ、このような福利厚生があるのだと思うでしょうね。
また、託児所などが充実している企業ですと「はたらくお母さんを応援している企業」という、まったくプラスなイメージが湧くと思います。
少子化問題など、社会問題にも真剣に申し込む企業なのだというイメージがもてると思います。
また、クラブが福利厚生にあったからには、どうでしょうか?
社員の健康を大事にしてくれているというでしょう。
また、福利厚生アウトソーシングサービスまずは、資格取得など、語学教室、カルチャースクールなどもあります。
こうなると、社員教育に力を入れているというイメージを所持していけるよね。
そうして、福利厚生を、会社の戦略的に扱う企業が増えているのです。

福利厚生のアウトソーシングサービスその4

現在、各種企業が福利厚生の分野で導入しているアウトソーシングサービス。
この社員向けの福利厚生ですが、どのような種類があるのでしょうか?
福利厚生のアウトソーシングサービスを分けてみると、8分野になります。
それでは、社宅や、社員寮など、はたらく人が住むところを確保し提供する「住宅」です。
そうして、社員が、元気で健康的に動けるようにサポートする、健康診断をはじめ、人間ドックや、プール、または、メンタルヘルスの「医療、健康」です。
また、社員が安心して頑張れるようなベビーシッター、そして、託児所、クリニックや、ホームペルパーサービス、介護用品などに関連した「育児、介護支援」です。
冠婚葬祭などの「慶弔、災害」もそうですね。
そうして、財形貯蓄、または、持株、セミナーや、ファイナンシャルプランニングなどの「資産育成」です。
福利厚生でポピュラーなのが、保養所や、クラブ、サークル活動、社員旅行などの「レジャー」でしょうね。
入社前にこのようなことをチェックする人もいらっしゃるようです。
そしたら、退職に向けての準備をサポートする「ライフプランニング」を福利厚生として行っている企業もありますね。
また、必要な資格を取得するための応援、語学の勉強、奨励金制度など、「自己啓発」を福利厚生として取り入れている企業もあります。
このように、住宅、医療、慶弔、育児介護、そして、資産育成、レジャー、また、ライフプランニング、自己啓発と、福利厚生は8つの分野に分かれました。

福利厚生のアウトソーシングサービスその5


企業は、多様な福利厚生を導入することによって、それを人事戦略の手段として使っています。
福利厚生をそのツールとして、有効的に使おうとしています。
おんなじはたらくのであれば、福利厚生が充実している会社のほうが誰だっていいですよね?
あんなことから優秀な人材を集め、長く働いて買うためには、福利厚生は大事なツールでしょう。
ですが、そうしていくらでも多彩になって行く福利厚生も自社だけで維持していくことは大変です。
時代に当てはまる福利厚生、または要望に合った福利厚生を、開発して、維持、運用していためのコストはとてもかかりますからね。
自社での運用はコスト面から不可能だと思われます。
ですから、福利厚生の多様化によって、アウトソーシングサービスを使う企業が増えているのでしょう。
現在、福利厚生のアウトソーシングサービス社は、今まであげた内容の福利厚生メニューにおいては、サービスを提供可能なものばかりです。
サービスを一覧できるカタログなどは、極めて厚い本になっていると言いますから、それほど内容、メニューが充実しているのでしょうね。
このようなアウトソーシングサービスは、複数の企業の福利厚生をまとめて運用しています。
大きな福利厚生アウトソーシング社のケースですと、クライアントとして、数千社をかかえている会社もあります。
ですから、沢山の会員を持てば、福利厚生サービスの仕入れ値とも関係し、多く安くサービスを提供することが出来ます。

福利厚生のアウトソーシングサービスその6

要するに、1000の企業を有する福利厚生アウトソーシング社を使えば、1つの企業で福利厚生施設を運営するより、大幅にコストダウンが可能ということになります。
それに、その管理ですが、それぞれの事務作業、手続きなどを、共通したシステムでやりこなすことによって、サラリーもカットできますから、福利厚生サービスもその分、安く提供できるのです。
コストダウンに繋がるサラリーはそれだけではありません。
企業の中に、福利厚生担当という役を配置する不要ので、その分のサラリーがカットできます。
昔はどうでしょうか?
福利厚生を使おうとすると、総務課などが代行してその手続きを通していたところがぜんぜんでしょうね。
申請書を書いて、担当部署に渡して、承認されて、ついに福利厚生施設が利用できる、という動きだったと思います。
昔はそういう書類を回して行なう承認も、現在は、ネットで済んでしまいますから、簡単ですし手間がかかりません。
このような手続きも、すべてアウトソーシングサービス会社がやってくれています。
そうして、利用状況は、会社ごとにデータになって報告わたるようです。
アウトソーシングサービス各社は、福利厚生を提供するだけでなく、それについてのコンサルティングも行っています。
コンサルティングというのは、今、福利厚生ではどんなものが要望なのか、何に人気があるのかを企業に紹介したり提案したりすることです。
企業に合った福利厚生システムを紹介して、企業の雇用ツールとして大きな武器になれば良いですからね。