アウトソーシングサービスの新しい福利厚生


会社の福利厚生と言えば、昔から社員寮とか、健康診断とか、リゾートの別荘とか、そういったものでしたよね。
最近は自社で、福利厚生を持っているところは少なくなりました。
保養所などは特に維持するのにコストが罹りすぎるからでしょう。
購入もそうですし、管理も大変ですからね。
そこで、福利厚生を専門としたアウトソーシングサービスの会社に委託している会社が増えてきました。
企業としては、それを管理する費用のコストダウンにもなりますし、福利厚生のメニューも豊富です。
中それでも、最近、注目されている福利厚生が「カフェテリア種類」といったものです。
本当は福利厚生というものは、年代や家族構成によって、社員一人一人が求めているものが違います。
誰もが社員寮を望んでいるわけでも無く、誰でもリゾートに行きたいわけではないのです。
なので、社員がスキなように福利厚生を買えるシステムが「カフェテリア種類」なのです。
この「カフェテリア種類」は、社員がみんな一緒の福利厚生制度を使うのではありません。
企業が与えた一定のポイントがあり、その範囲内でスキな福利厚生を払えるというシステムです。
言ってみれば、贈答品として、カタログの中からスキなものを買える、あれもののようなものですね。
この「カフェテリア種類」はとても人気があり、導入する企業も増えているそうです。
やはり、ポイントを管理しなければならない手間はありますが、利用状況やポイントもアウトソーシングサービス会社で行います。

アウトソーシングサービスの新しい福利厚生続き

このような、ポイント制の福利厚生コースもそうですが、ネットにおいて管理することで、もっと利便になっています。
福利厚生を扱うアウトソーシングサービス会社は、ウェブシステムを導入し管理、運営しているだが多いです。
ですから、ポイントを確認したり、使用状況を確認したりするのは、ネットで出来ます。
社員が、職場も確認できますし、自宅のパソコンからも確認できます。
あるいは、携帯電話でチェック出来ることもあるでしょう。
このように、簡単にアウトソーシングサービスにアクセス出来ますから、まったく便利になりました。
また、福利厚生では、健康管理や、自己啓発分野に力を入れているアウトソーシングサービス会社もあります。
昔は、社宅だったり、保養所だったり、ハコものの福利厚生でしたが、今はふと違うようです。
社員が自分の生活を向上させるための福利厚生、それが要望となっているのです。
どういった福利厚生に要望が多いのか、アウトソーシングサービスまずは、これについてのアドバイスも行っているので、福利厚生について会社側も今一度、考えてみると良いでしょう。
また、現在の社員だけに福利厚生を使わせるのではなく、退職者にもずっと使わせるという企業も増えています。
それに、内定者にも先に提供してあげようという企業もあります。
内定者が入社まで離れて出向くことを防ぐために、このような福利厚生使用を導入しているようです。
そうして、退職者には、退職祝いと一定のポイントを贈り、そのポイント内で福利厚生サービスを使うという形です。