映像製作のアウトソーシングサービスその1


みなさんの会社には、会社説明のビデオや、商品説明などのPRビデオなどがありますでしょうか?
現在では、新製品のプレゼンテーションをする際に、最初にビデオを見てもらってから説明を行うと言う、映像を取り入れてのプレゼンテーションが頻繁に行われています。
確かに、商品についてずっと説明するよりも、ポイントをまとめたビデオを吐出し、実際の映像を見ながらナレーションの説明を訊くほうが、確かめる側、訊く側にとって、視覚的にもわかりやすいだが特徴です。
また、新商品の売り込みなど、人物にパンフレットに目を通してもらうよりも、1分、2分ほどの映像を見てもらったほうが、速くわかって取れることもあります。
そしたら、新入社員を獲得するための会社説明会などで、どんどん魅力的に企業をアピールするために、映像でのぞかせる企業も増えています。
また、展示会場などで商品の利点をアピールしたり、本当に使っている映像を流して商品の良さを伝えたり、パフォーマンスとして製品を製造している過程を映像で見せたりと、映像は各種場面で活用できます。
わざと、それをアウトソーシングサービスに依頼すること無く、誰でもデジカメで気軽に撮影出来る現代ですから、それを社内で考えることも可能ですよね。
商品宣伝用の写真を撮影し、編集し、自力で宣伝用映像を設ける会社もあるようです。
映像をアウトソーシングサービスにすると、それなりにコストもかかりますから自力で製作したいという気持ちも良くわかります。

映像製作のアウトソーシングサービスその2

だが、商品を実ものどおり、またはより魅力的に写すには、それなりの技術が必要になって来る。
家庭用のスナップを撮影するのと、商品を魅力的に撮影するのとは、撮影に取り扱うライトや機材など、それなりの準備が必要でしょう。
また、商品をよりわかりやすくするため、カメラのアングルとか、アップで撮影したり、遠巻きに撮影したりと、センスも必要になって来る。
そしたら、質感を大事にする製品においては、木材がきちんと木材に見えるとか、革製品がきちんと革に見えるとか、そう言った質感が規則正しく表現されていなければなりません。
つまり、一般のデジカメで撮影して、木材がプラスチックに見えるような画像では、商品の宣伝用としての画像とは言えないでしょう。
そうなると、素人では幾らか難しいと思います。
このように社内では自力でPRビデオを製作することが出来ない場合、みなさんはどうしているのでしょうか?
それは、さすが、アウトソーシングサービスを活用している会社が多いです。
映像製作会社、ビデオ製作会社など、アウトソーシングサービスとして引き受けている会社は沢山あります。
その技術もピンきりだと思いますが、値段も会社によってかなりの差があります。
中には、正に映像を取るわけでも無く、中間マージンを取ってそれで稼いでいる会社もあります。
それほどの作業量ではない映像編集であるのに、至極高い値段で受注されているのは、マージンが入っているとしてよいでしょう。

映像製作のアウトソーシングサービスその3


だから、もしも、自社の映像を作りたい場合、そして、アウトソーシングサービス会社を選ぶ際は、きちんとその会社が現に編集を通じて製作しているのか確認する必要があります。
映像編集の会社と直接取引きすれば、安く済むものを、間に、アドバイザーをはさんだとたん、やけに大きいコストになってしまった、など、かわいらしくあるパターンです。
また、コストの面を考えれば、映像製作はそれほど安くないと思っている人も多いでしょう。
映像製作をしたいが、コストが掛かりすぎだと心配している担当者も多いようです。
ちっちゃな会社など、それに増える費用など、よもや出せないと、最初から諦めている会社もあると聞きます。
ですが、現在では、映像製作の価格もたいへん下がっています。
一昔前は、15秒のコマーシャルを探るのに何百万円とか、それくらいかかっていたそうですが、現在はそれほどかからないでしょう。
また、製作を引き受ける会社が増えてきていますから、その分、価格競争にもなっています。
ですから、現在では、映像製作を安く引き受けている会社も多くありますから、それらをアウトソーシングサービスとして外注心がける手もあるでしょう。
各社も、手法を変えながらますます安く映像を作れないかと日々、進化しているのです。
たとえば、静止画だけでスライドショーを作り、文字などをいれ、音楽、ナレーションも入って、2分くらいですと、20万から30万で作成出来る会社もあるようです。
動画よりも画質が美しいこともさながら、動画撮影に関して、静止画はNGが少ないためです。

映像製作のアウトソーシングサービスその4

映像を製作するだけでなく、他のサービスを併用することも手です。
作った映像を、共々ネット配信してくれたり、検索上位ヒットさせてくれたりと、送信、公開、SEOもセットになっているアウトソーシングサービスもあります。
作った映像を企業のホームページにリンクしよ場合など、ついでに検索上位になれば、これは理想的ですよね。
そこまでセットで少ない会社も出てきていますから、今は再び映像製作に大金をかける時代ではなくなっていると思います。
もちろん、大手の製作会社は、依然として高額の製作料となっていますが、それはそれなりに人手もかかっているということでしょう。
一般企業が普通にネット配信するぐらいの映像ですら、30万くらいで製作できるところで十分なのではないでしょうか。
これくらいの予算で作って受け取るアウトソーシングサービスなら、中小企業や、町の工場など、こうした小規模の会社それでも手が届くと思います。
今まで映像に手を出さなかった会社も、宣伝のために映像製作を見つけ出すでしょうね。
商品の宣伝映像を吐出し、店頭販売する際に、レジのところに小型のデジタルフォトフレームを置いてPRしているところもあります。
展示会場だけでなく小売店もそういった使い方が出来るのです。
映像製作を、他社にアウトソーシングすることで、新製品の売れ行きがアップするなら、そのコストは安っぽいものだと思います。
トレンドに沿って、今後、中小企業も、グングン動画を取り入れて出向く企業が増えていくでしょうね。