経理のアウトソーシングサービスその1


アウトソーシングサービスと言えば、製造業などが下請け会社に委託するようなイメージがありますが、他の職種や業界もアウトソーシングサービスは行われています。
たとえば、会社の人事や経理です。
以前から、会社の経理と言えば、総務課の人が社員のお給料を計算したり、昇給などの管理をしたりと、総務のお仕事でしたよね。
以前、経理部門でアウトソーシングを導入する目的は、品質の維持などでした。
ですが、現在は、給与などのコストの削減のために、給与計算においてアウトソーシングを導入する会社が増えています。
無論、以前からの品質の維持や、管理する給与のコストを燃やすことは、トータルで見て会社の節電になります。
このようなことから、給与計算をアウトソーシングに委託するのでしょう。
給与などを計算するには、その分の人材が必要です。
そこから考えて見ても、正社員を採用し、その社員を教育する、手間、コストを考えたら、アウトソーシングサービスによるほうが安く伸びることになります。
では、その分の給与とそれに要るコストを考えた場合と、アウトソーシングにしたコストを考えた場合と、どれくらいの時期でメリットが出るのでしょうか?
早くて、半年から1年くらいで、導入の費用を考えてもメリットが出るところもあるようです。
給与計算業務が外注できれば、社内で頻繁に発生する業務が一つなくなることです。
ひとつ消え去るだけかと思うでしょうが、それがなくなれば、社員の負担が極めて軽くなることもあります。

経理のアウトソーシングサービスその2

総務、人事の仕事といえば、今までは、福利厚生の扱いだったり、給与計算だったり、人事データだったり、各種業務がありました。
本来、理想的な人事部とは、会社が成功するために、人事面からサポートし、会社に貢献して出向くことなのですが、それには各種業務がありすぎて、それに没頭することが出来ません。
もちろん、人を増やせばいいのでしょうが、コストを考えたら簡単にそうは行きません。
そうなると、給与計算など頻繁に発生してくる業務をアウトソーシングサービスに委託し、定型業務を燃やすことで他の業務に時間を費やせるようになります。
就職や、人材マネジメントなど、本来、人事部が力を注ぐべき業務に没頭出来るようになります。
別に、事業が成功し、急展開で事業が拡大した場合などは、少ない時間で社員を足し、教育しなければならない状態になります。
そうかと行って、急成長するのを見越して、人材を確保しておくには、コストが掛かりすぎます。
会社はそういった余裕はありませんから、そんなふうになってから慌てて仕舞う企業が多いのも事実です。
自分にかかる負担も大きくなり、本来の業務が滞ったり、乱雑になってしまったり、会社の成長は良いことなのに、社員にとっては苦しい状況となってしまうでしょう。
ですから、急成長している企業は、管理する人材が慢性的に不足している場合が多いのです。
こうしたケースですと、給与計算をアウトソーシングサービスにシフトした場合、どのようになるでしょうか?

経理のアウトソーシングサービスその3


もしも、急に業務処理が大量になってしまった場合も、アッという間に対応適いき、終始柔軟な対応が可能でしょう。
みなさんの中で会社勤めの経験がある人はおわかりだと思いますが、社員の給与計算、この仕事は、毎月、絶対に発生する業務ですよね。
では、給与計算は、お金を計算するだけの、単純な作業でしょうか?
本当はそうではないのです。
たかが、給与計算だと思われがちですが、それには、専門知識が必要です。
また、法律が変わるたび、それに迅速に対応しなければなりません。
給与計算が適正に、そして確実にされていないと、社員へのお給料が滞ってしまう。
そういった会社だったら、動く側も労働意欲がなくなるのは当然ですよね。
ですから、給与計算といえども、それは一大業務なのです。
ですから、給与計算などは、本来、ちゃんとその専門知識を有する社員が行うべきなのです。
ですが、会社には予測不可能な事態が発生すること、多々あるというのです。
たとえば、担当者が辞めてしまったり、休暇で長期、いなかったり、異動になってしまったりと、予測不可能なケースも延々とあると思います。
また、担当者の休職や、退職は業務を遂行することを妨げてしまいます。
このような事態にならないためにも、アウトソーシングサービスを通じている企業が多いのでしょう。
また、最初からアウトソーシングサービスを入れていれば、担当者が急にいなくなってしまった予測不可能な事態であっても、回避することができますよね。

経理のアウトソーシングサービスその4

アウトソーシングサービスで給与計算など、経理部門を引き受けている会社は、その方面において経験や専門知識があります。
ですから、その企業に合った最適な経理の業務プロセスをアドバイスしてくれるでしょう。
業務整理が出来ると、会社の無駄な経費を見直すことが出来ます。
アウトソーシングサービスにかかる費用は、そうした無駄のカットで、奪い返すことが出来ると言われています。
担当者が不在の場合も、給与計算が滞りなくなさるメリットで、経理のアウトソーシングサービスを使う会社もありますし、また、給与などコストカットをメリットとして導入する会社もあるでしょう。
どの目的でアウトソーシングとしても、結局はメリットが出るところが多いといわれています。
中でも、人手が足りなかったり、専門知識のある社員がいなかったりする会社には、アウトソーシングサービスに委託したほうが、どんどんメリットにのぼるはずなのです。
昔はこのようなサービスはそれほど聞かれませんでしたよね。
給与計算のアウトソーシング自体、市場に出てきたのが、2、30年くらい前だと言われています。
そうして、ここ10年でそれが定着しつつあるのです。
取り扱い業者も増えている今日、給与計算アウトソーシング会社と言っても、そのサービスや料金など、何かとあります。
やはり、会社によって、品質も変わるでしょう。
給与計算というものは、業種を問わず、どの会社それでも必要になっている必須事項ですから、もしも、経理の面でお悩みのある会社は、初めて、アウトソーシングの相談を通してみるのも良いでしょうね。