ワードプレスを無料で使えるレンタルサーバール


ホームページのサイトをwordpressで構築する為には、独自ドメインとサーバーの契約をするのが必須となっています。
但しでは経費がかかってしまいますよね。
そこで無料のサーバーというのがあって、そこでwordpressが払えるものもあると言いますのでそこをご紹介して見たいと思います。
たとえばwordpress型の無料ブログにWordPress.comや@WORD等が有りますので、それを使っても良いのですが、サーバー感覚を感じたいのであれば次の様なサービスを受けるのが良いですね。
先ずは「freeweb」です。
PHPとMySQLを無料で扱う事が出来るサーバーです。
無料ですが機能的には完全、100M以下で有ればディスク容量を自由に使う事が出来ます。
次に「Wrea Free」です。
有料版にXREAが有りますがこれの無料版として頂けると良いでしょう。
PHPとMySQLが助かるのは良いのですが、50Mしか容量が無いのはわずかデメリットかもしれません。
この他にも「land.to」「SiteMix」「000webhost.com」と有ります。
どのサーバーも容量が少ないという印象が有りますが、無料で使えますし、一般的なホームページで有れば100Mも有れば充分に使えますし、ちょい試しにやってみたいと言うなら無料サーバーがオススメだと思います。
無論長期的に継続して行いたいと言うのならばオススメはしませんが、wordpressって如何なるもの?と感覚を試すのであれば良いですね。

ワードプレスをインストールする方法

無料でWPを使う事が出来ますが、そのインストール方法についてご紹介して見たいと思います。
先ずはWPのHPに行きます。
なのでインストールキットみたいなものが有りますので、無料でダウンロードしてきてください。
ここで初心者が行き詰ってしまうのがサーバーを自分で準備してインストールしなくてはいけないという事です。
無料ブログではサーバーが何のかんのという事は有りませんので苦しく感じてしまいますよね。
けれどもふと理解したら簡単にインストール出来るのです。
そうしてインストールさえ出来てしまえば色んな機能をアドインソフト機能を使って自分のスキな様にカスタマイズして行く事が出来ます。
こんな所は自分勝手のブログを作れる自由さが有りますので無料ブログとは格段に違う所ですね。
そういったWPを利用する際には先ずはサーバーと契約をします。
無料のサーバーも有りますのでWPが利用出来る所を探しましょう。
インターネットで情報を探すとインストール方法がサーバー毎に掲載されていますので探してみると良いでしょう。
WPのインストールが終了すると、標準的なテンプレートで作る事が出来ます。
これを見るとほとんどこんな感じで焼き上げるんだなという目安になると思います。
WP内には標準テンプレートだけじゃなくて色んなテンプレートが用意されていますので愛するものを見つけてくださいし、カスタマイズもプログラミングが出来るのであれば簡単に出来ますので試してみると良いでしょう。

ブログを始めるならワードプレス


サーバー設置型の無料ブログシステムがwordpressと呼ばれている物です。
無料でプログラムという機能拡張やデザインプレートが利用できますので自分の好みのサイトにカスタマイズが簡単に出来るのです。
また独自ドメインにおいてブログが運営出来ますのでSEOにも有利だし、カスタマイズが出来ますのでSEOもし易いというメリットが有ります。
だから機能拡張が豊富に出来て、デザインプレートもたくさん使えて、カスタマイズもし易くてSEOも出来るのであれば、ブログを始めるならwordpressをするのがオススメだと思うのです。
仮に今お持ちのブログが有るのであれば、移行するには手間がかかりますし、費用的な面もあるですから検討してから移行する様にすると良いでしょう。
今現在そんなに費用がかかっていないのであれば敢えて手間をかけてまでwordpressへ移行する必要は有りませんよね。
それでも今現在随分費用がかかっていて、検討し直したいと考えていたのであればwordpressへの移行をオススメしたいと思います。
またwordpress自体は無料ですが、サーバー代がかかったり、設定方法がちょい面倒だったりしますので、簡単に業者において月額いくらと払って摂るのであればそれも多少の金額で簡単に済ませられていいかもしれませんね。
この様に、ブログを始めたいとしていて、ホームページを作りたいけどどのツールを使ったらいいか分からないと思っているのであれば、wordpressも検討として考えてみて下さいね。

CMSって何の事でしょう

CMSとは何の事かご存知でしょうか。
最近はwordpress等のホームページ作成ソフトに関してもCMSと叫ぶ事があるみたいです。
CMSは「Contents Manegemant System」の頭文字をとって付けたもので、コンテンツ管理システムないしはコンテンツマネジメントシステムと呼んでいるそうです。
意味としては、WEBにある記事や画像等の情報をコンテンツと言うのですが、そのコンテンツを管理するシステムの事、また管理を実現させるソフトウェアの事を指しています。
却ってコンテンツ管理の仕組みや考え方の事をCMSと指す事もあるそうです。
かつてCMSは大量の情報を立ち向かう新聞社や出版社等に億単位の金額で導入されていたものなのです。
それも一部の大企業や大規模団体と言った限られた所にしか導入されていない程巨額ものでした。
但しこれだけインターネット技術が進歩してきた背景も有り、一段と低価格で、どんどん簡単にCMSが利用できないかと考えて作られたものも開発される様になりました。
その開発が成功し、大規模な所だけじゃなく小規模だったり、どんどんでかいでCMSが導入され利用される様になったのです。
そこから現在に至っています。
CMSはホームページ運用のメンテナンスに対して効率化を通してもらえる。
デザインとコンテンツを分けて作業する事で、更新の負担を切り捨て貰える。
その分複数人で分けて作業する事が可能になります。
wordpressも複数人で作業出来るメリットが有りますので、そう言う事を指しているのですね。