ワードプレスの将来性について


世界中の有志達の手でWPというソフトは作られました。
テーマ製作者、フォーラムサポート、バグ報告者、開発者、ドキュメンテーション等々、色んな段階で一括して会社が受け所持して作成した訳ではなく、世界中の色んな有志達の活躍で今のバージョンに成長してきたのがWPなのです。
ここまで急成長を遂げているのを見ると、初期段階では相当苦労して開発されていたんだなという事が想像できますよね。
当然日本語圏内でも協力を通じていた用で、その活動を通す事でここまで日本もWPが浸透されてきた様に感じます。
そういうWPですが、今後どんな感じで発展して出向くのでしょうか。
大体の予想としては将来性は嬉しいのではないかと思います。
あるWEBデザイナーが言った一言なのですが、将来的にWPが台頭してくる事によって、今あるXHTML、CSSによるマークアップは不要となるかもしれないと言っていたそうです。
そんな事を言ってできるくらいWPが持つ普及率は凄いものなのです。
フリーソフトなのにそこまでに成長出来たWPは凄いですよね。
世界中の有志達の努力が報われる様な感じがします。
将来性が詳しいWPという事ですから、今からブログ形式でホームページを作成しようかなと考えている方はぜひWPで作るという方向で考えてみてはいかがでしょうか。
取り掛かりは大変かもしれませんけど、慣れると使いやすくて手軽なソフトだと思いますよ。

ワードプレスのメリットについて2

最近注目を集めているソフトにwordpressが有ります。
ブログ形式でホームページを組み立てるなら手軽で無料で至急焼き上げると思います。
あんなwordpressのメリットをご紹介して見ましょう。
【たくさんのテンプレートが見て取れる】
無料のソフトものの、wordpressにはテンプレートがたくさん有ります。
テーマ毎に選ぶ事も出来ますし、色分け、レイアウト別、機能別等色んな方向から買えるメリットが有ります。
何故かと言うとwordpressがオープンソースで提供されているという事、テーマも世界中の人々が作っていてそれが公開されているという事が言えるからです。
仮に愛するものが無ければ、何かを参考にして編集が出来ますのでオリジナルのページを設ける事が出来ます。
仮にページ的に自分で編集する必要が無いのであれば、テンプレートでも充分に用が足りると思いますよ。
【ソーシャルメディアへの連携が出来る】
Facebookにある「いいね」ボタン、コメント欄、OGP等々、ソーシャルメディアにある機能をwordpressも実装してソーシャルメディアと連携する事が出来ます。
こうする事は企業にとっては大切な課題になっている様で、色んな企業が参加している様で、今後ぐんぐん参入してくるのではないかと注目されています。
wordpressが急成長を遂げているのも、そういったソーシャルメディアへの連携が出来ると言う点が注目達する背景が有るからだと言われているそうです。

CMSの分類について


実態としてCMS構築を通しているソフトウェアと言うのはたくさん有ります。
wordpressに関してもその1つになるのですが、分類方法は色んな視点や観点から区別される事が出来ます。
用途、機能、規模、開発方法、設置携帯等、色々ですね。
先程も挙げましたが、wordpressも有りますし、wiki、weblog等も有ります。
また教育機関向けや携帯サイト向けに特化された分類も浴びる様です。
こんなCMSの根幹を作っているのがそういったコンテンツを集めて管理しているデータベースになります。
この様に利用者側がデータベース自体を意識する必要は有りません。
ただしその仕組みを見てみるとコンテンツ量が多かったり、提供する情報が多くて整理整頓目指すサイト等に適しているのではないかと思われています。
この様にコンテンツを拾い上げる際に特定のテーマにそって集めているとします。
このたまに文章を時系列に並べて日記の様に並べて表示する形式(これをブログと言いますよね)になり、カテゴリ特別商品情報等で並び変えると商品のデータベースとして表示されます。
再びニュースの情報を時系列に表示させるとニュースサイトの様にもなります。
この様にCMSには色んな目的によって色んな活用方法が出来るのです。
wordpressもブログ形式でホームページを作成するソフトですので、このCMSの様に色んな形式で表示させる様にすると使い勝手が良くなるかもしれませんね。

CMS構築へのメリット

CMS構築をするときのメリットを挙げてみたいと思います。
CMS構築はwordpress等も入りますので、wordpressでホームページを作成しようと考えている方はぜひCMS構築のメリットも覚えておくと良いでしょう。
【更新が自分で出来ます】
wordpress等のブログソフトウェアを始めとして、CMSでは文章入力にリッチテキスト・エディタを使う事が出来ます。
その為にHTML言語等の専門的な知識を必要とする言語より簡単に文章を入力する事が出来るので、簡単にホームページの更新が可能となります。
無論利用しているソフトウェアによって機能や更新方法は違いますが簡単に更新出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。
【SEO】
検索エンジンの上位に表示される様にホームページに策をする事をSEOと言います。
取り扱うソフトウェアにもよるのですが、自分でホームページを作成した場合、このSEOに苦労できる事がさんざっぱら多いようです。
ただしCMS構築する事によって、SEOが有利に変わる様な仕組みが取り入れられているので、まったく便利なのです。
【節約】
wordpress自体は無料のホームページ作成ツールになりますので、利用する事自体は費用がかからず節約が出来ます。
またCMS自体もコンテンツと管理を分離させているので負担を分担する事ができ、節約に繋がると言います。
サイトの規模が大きいほど、更新量が多い程、その削減率は高まって現れる様です。