ワードプレスのテンプレートについて


今後wordpressを通じてみたい人はよりいると思います。
wordpressのメリットとして、たくさんテンプレートが有るのでその中から選べばいいという事が挙げられますが、まずたくさんテンプレートが有っても、自分に合う様なテンプレートって随分ないものなのではないでしょうか。
wordpress内の公式テンプレートも1000個以上は登録されているのですが、公式テンプレートってwordpressが海外のものなのもあって英語専用のものが多かったり、フォントが日本と違っていたりします。
一層英語での説明なので何が書いてあるか分からなくて初心者には難しいというデメリットが有ります。
何回か使っていくうちに活かし方も慣れてくると思いますが、最初からでは途中で挫折してしまいますよね。
その為、最初は日本語のテンプレートとしておいた方が良いと思います。
公式サイトにも日本語のテンプレートは有りますが、先程書いた様に自分に合うものが僅かとなると他から探して来るのが良いですよね。
wordpressで使える様な日本語のテンプレートを提供している所はたくさんあります。
そう言う所から探すと良いと思いますが、探してみるとSEOがされていなかったり、仕事向けのSEOがされていたり、値段が効果だったりしますので利用する際には注意する必要が在ると思います。
テンプレートを利用する際には、そういった点も充分考慮した上で納得して使いやすいテンプレートを探して取り扱う様にください。

ワードプレスで使えるプラグイン2

画像系ないしはコミュニケーション系の機能が追加出来るプログラムはたくさん有ります。
WPで使えるプログラムをご紹介して見たいと思いますので、ぜひWPでサイトを作成する場合に利用して見て下さいね。
【Lightbox 2】
記事の中に在る画像の中に「Lightbox効果」を取り入れる為のプログラムになります。
Lightbox効果と言うのは、サムネイル画像をクリックした際に画面から飛び出てくる画像の事を指しています。
その為にページをわざわざ映らなくても済むので便利です。
【Lightbox Gallery】
「gallery」という機能がWPに標準装備されています。
これはサイト内の記事やページに関している画像を並べて表示が出来る機能の事を指しています。
この表示に先程言ったLightbox効果を付けてくれるのがこのLightbox Galleryというプログラムになります。
【Contact Form 7】
このプログラムはWPで作成したサイトにメールフォームを備え付ける事が出来るプログラムになります。
メールアドレスをサイト内に表示させてしまうとスパムメールが山ほどくるよね。
これを予防する為にも便利ですし、顧客への精度もアップしますので便利なプログラムだと思いますよ。
【WP-Polls】
コメントをサイトにつけても実に付けてくれないですよね。
このプログラムでは投票機能を付けてくれますので、簡単にコミュニケーションを取る事が可能になります。

ワードプレスで使えるプラグイン


オススメで便利なWPで利用出来るアドインソフトを挙げてみたいと思います。
ちょっと英語版のアドインソフトが多いですが、日本語版も間もなく数を増やしていますので参考にしてみて下さいね。
先ずはサイト運営に役立つ支援用アドインソフトをご紹介して見ましょう。
【Adsense-Deluxe】
GoogleのアドセンスをWPに簡単に挿入出来るアドインソフトとなります。
WPで作ったホームページのPHPファイルにコードを直接貼り付けて挿入する方法も有りますが、テーマが変わるたびにコードを差し換えないといけない為面倒ですよね。
だからこのアドインソフトを利用する事でそのわずらわしいさが無くなりますので便利ですよ。
またGoogleのアドセンスを表示させたりさせなかったりを自由に変更出来るのも魅力です。
英語版も日本語版も有りますので利用して見て下さいね。
【Ultimate Google Analytics】
Googleのアクセス解析ツールである「Google Analytics」というものをWPで作成したサイトに簡単に挿入する為に利用するアドインソフトになります。
先程ご紹介したAdsense-Deluxeと同じ様な感じのアドインソフトとしてくれれば良いかもしれませんね。
【WP-PageNavi】
WPとしてサイトを作成した場合、ブログ形式なのでいくらでも記事が貯まっていきますよね。
この時、1ページ内に表示しきれない記事が出来た時に「前の記事」「次の記事」と整理して表示してくれるアドインソフトになります。
ページ情報も表示されますのでサイトの使い勝手がよくなりますよ。

ワードプレスのデメリットについて2

使い勝手が良い、無料で払える、手軽にホームページが構築できるとメリットが多いWPで、今注目を集めていますが、こんなソフトにはメリットも多いですがデメリット部分ももちろん有ります。
こんなデメリット部分も充分考慮した上で利用する様にすると良いですね。
【敷居が高い】
WPのデメリット部分として言える事に、敷居が少し高いのではないかという点が挙げられます。
何故かと言うと、WPを利用する為にサーバーを自分で用意し、そこにインストールする必要が有るからです。
ここが一番苦戦するのではないかと思います。
サーバーによってはWPを簡単にインストールできる設定を通じてもらえる所も有るので、そこを利用するのも良いかもしれませんね。
【指しないエラー】
WPを利用する際に注意してほしいのが、予期せぬエラーが起こる可能性が高いという事です。
WPはHTMLによってホームページを作っている訳では有りませんので、しょっちゅう作っているたまに見つかる様なエラーではないエラーが起こり易いのです。
中でも起こりやすいのがテーマファイルが壊れてしまうという事らしいです。
このエラーが起こってしまうと管理画面にさえアクセス出来なくなってしまうので一大事になります。
修復する事自体も困難になって仕舞うらしいのです。
ですから利用する際は注意して下さいね。
また、WPによっている人が少ないのもエラーを回避しづらい理由かもしれませんね。

ワードプレスの短所について2


便利なツールと言うのはメリットだけが奪い取りられると思いますが、短所部分もやはり存在します。
ここではWPの短所について取り上げてみたいと思います。
【seo対策の知識】
検索エンジンで引っかけてもらった場合、上位に自分達が作ったホームページの情報が表示されるとそれだけで破格集客に繋がります。
上位に表示させる為にはSEOをする事がとっても大切ですし、集客を目的としてホームページを仕掛けるなら絶対的に必要な対策だと思います。
ただしWPによってSEOをする為には、HTMLを自分で編集して対策していかなくてはならないのです。
我々でそれだけの知識を持っているのであれば良いですが、素人が手を出すにはあまりにも知識が無いと難しいという事になります。
かといってSEOを通じている専門業者に依頼するとその分コストが要る事になってしまうので、それなりに覚悟を通じておかなくてはならないのです。
【機能追加には開発しなくてはならない】
ホームページを作成する際、フォーム機能、サイト内検索、アクセス解析機能という様に色んな機能を付加して行くのが通常です。
WPを利用する際には、標準でこんな機能が付いてはいませんので、機能を追加するには自分で開発して付けていくしかないという事になります。
開発自体は随分難しいので専門業者に依頼する事になると思いますが、コストがかかるというデメリットが生じます。