自動相互リンクSEO


相互リンクの手助けを通してくれる「自動相互リンクSEO」を紹介します。
自動相互リンクSEOを使うと、SEOの高い効果を期待することができます。
その理由としては、静的表示のリンクページのみを扱っているのでSEO効果が高くなっています。
直リンクなのでSEOに有効的被リンクをゲットすることができます。
検索エンジンに案外好かれ易いW3Cによっています。
自動的にリンクをチェックすることができる機能を搭載しているため、自動相互リンクSEOに登録しておいてリンクを張れば簡単に相互リンクをすることができます。
つまり自動相互リンクSEOを利用することで、相互リンクをするときの煩わしい確認作業をその都度メールで行なう必要がなくなるのです。
登録が終了すると即時公開浴びるので安心して利用することができるシステムです。
しかしトップページからの相互リンクしか受け付けしていませんから注意してください。
自動相互リンクの方法としては、ご自身のサイト内に相互リンクが設置されているのかどうかを機械が自動的に確認してもらえる仕組みなのです。
そのため自動相互リンクSEOにおいて相互リンクをするのならば、最初に相互リンクしておいてから登録することが要点となります。
サイト上にあるリンクタグをコピーして自分のサイト内に張りつけをしてから「新規ホームページ登録」を行います。
自動相互リンクSEOはSEOに大きい効果を発揮する自動相互リンクサイトです。
簡単に相互リンク登録を通しておいてサイトのアクセスアップにつなげて下さい。

TOPページ相互リンク

「トップページ相互リンク」はその名の通りサイトのトップページを相互リンクしてアクセスアップを企てることでSEOをしようとしているものです。
トップページを相互リンクすることはSEOの上で何より効果的方法の一つであると言われています。
このサイトでは、ランキングサイトを流用することによって、サイトを登録後に発行されるタグによるアクセス数の順番にトップページを表示するものです。
トップページ相互リンクにおいては総リンク数がページあたり100リンクを下回るように最大数を設定しています。
大手検索エンジンのGoogleが1ページの総リンク数は100未満を推奨しているためその基準に準じたものです。
たくさんある検索エンジンに対応するため相互リンクタブをたくさん張っていることもありますが初期のSEOとして行われているものです。
登録サイト数によって減らして赴き100未満を維持するように努めます。
しかしランキングサイトなどがURLをお互いに張りかえるようなことはしないようにください。
本来アクセスタグにはカウントのためにIDが付与されていますが、ランキングサイトの場合本当のURLではないためSEOの効果はうすいです。
そのため1000以上もの登録数があるランキングサイトも、ページランクが0や1になっている場合があるのです。
アクセスタグをかけるときは通常の固定リンクで行うようにしてください。
トップページ相互リンクでは、大小様々な規模の検索エンジンに登録しています。
それによってSEO効果が高くなるからです。
サイトへの登録利用料は完全無料です。
順位は毎日更新されます。
登録したら、タグが発行されるため24時間以内にタグを設置するようにしてください。
24時間以内に設置しないと削除されてしまいます。
設置後も半年間アクセスしないと自動削除されますからご注意ください。

サル検


サルも出来る検索順位として無料で自動相互リンクを通している「サル検」を紹介します。
サル検はSEO業者も驚くほどの登録サイトと自動リンク集を誇っています。
相互リンクを自動的に増やしたいとしている人やサイトやブログのページランクを簡単にあげたいとしている人、SEO効果を得たい人にオススメのサイトです。
サル検では誰もが簡単にSEOやアクセスアップをするお手伝いをする自動相互リンク集となっています。
無料で誰もが利用登録することができます。
サル検の魅力としては、自動相互リンクになっているので作業が簡単なこと。
SEOとアクセスアップに効果があること。
優良なサイトとも自動的に相互リンクを張り付けることが出来ることなどがあります。
登録されているサイト同士でも簡単にリンク交換することができます。
サル検で出来ることは、自動相互リンクをすることでサイトをお互いに紹介することができてアクセスアップにつなげることができます。
自動相互リンクすることでページランクを褒めちぎることができますし、検索順位の上位表示を実現することができます。
自分でやるといつ間もかけて相互リンク先を探さなければなりませんが、その手間がなくなります。
無論自分で他社サイトにリンクを張ってほしいと依頼するメールを贈るなどの手間もなくなります。
登録サイトのページランクや被リンク数を見極めることができます。
「サル検イージー自動相互リンク」を使うと簡単にリンク集を作り上げることができます。
「サル検PHP自動相互リンク」を使うとサイトのドメインの中にリンク集を仕掛けることができます。
PHP自動相互リンクを使うと、より高いSEO効果を得ることができます。
1日わずか5分作業するだけで自動相互リンクすることができます。

メリット

相互リンクはリンクに双方向性を持たせてお互いのサイトをアクセスアップすることが出来るなどの相乗効果を図ることができます。
そのため一方通行のリンクはありません。
巨大サイトとリンクしても、お互いのサイトを行き来することはできますがアクセス経由が一方的になってしまうので相互リンクとは言いがたいです。
相互リンクをするメリットとしては、掲載先数が高まることが挙げられます。
自分のサイトにくる閲覧者に加えて、相手のサイトからの閲覧者も来るようになるため自分のサイトへ入口が増えてアクセス数が伸びる可能性が高くなります。
ただしあくまでも効果が期待出来るということだけで、相互リンクをすればことごとく挙がるということではありません。
なぜならば相互リンクを付け足したことで、自分のサイトの人気や価値を下げてしまうこともあるからです。
すると検索エンジンによる評価が低くなりリピート数が鎮まり、アクセス数全体が下がって仕舞うこともあるからです。
そのため相互リンクをする時々しっかりと先方を選ぶようにしてお互いに効果が期待出来るようにしなければなりません。
他にも人脈を組み立てることが出来るというメリットがあります。
相互リンクをすることは利益に直結するだけではなく、間接的恩恵もあるのです。
個人同士が交流することができますし、サークル活動の輪を広げることもできますし、ホームページの人脈を広げることもできます。
これ以外にも相互リンクすることでSEOをすることができて、SEO効果を得ることができます。
いいパートナーを見つけることが相互リンクによってメリットを得るためのポイントです。

デメリット


いかなることにもアクシデントはあるものです。
相互リンクをすることでSEOをすることができて、SEO効果により検索上位表示されてアクセスアップをすることができると思います。
ただし良いことばかりではありません。
相互リンクのデメリットというと、とりあえず想定していなかった訪問者が自分のホームページやブログにやってくることが挙げられます。
インターネットは誰もがアクセスできる開かれた世界それで、いろんな人が入ってくる。
ですから「ネットあらし」がでてきても仕方のないことなのです。
相互リンクをたくさん増やしていくことでアクセス数をあげて行くことができると思います。
そうしていろんな人が掲示板やコメント欄などに書き込みを通じて燃えるかもしれません。
ただしその中でほんの数人も批判的コメントを書くとそのコメントを多くの人が見てサイトに悪影響を及ぼす恐れがあります。
このようなときの答えとしては、管理人として「警告文」を打ち出すという方法があります。
先ず警告文を出しておいてから、相手のIPに制限をかけるとかトラックバックを禁止するなどの手段をとるといいと思います。
一定のサイトから訪れている人が悪影響を及ぼしていると特定できた場合には、最後の手段として相互リンクをはずすという方法があります。
ただしこれは最後の手段です。
一気に相互リンクを外すのではなく、最初は相手に警告を通じておいてからホームページやブログから去って味わうようにしましょう。